iPhoneの機能を使いこなそう

iPhoneでたくさんのアプリケーションを使っている場合、ホーム画面上に複数のアプリケーションが表示され、画面が2ページ、3ページと多くなってしまいアプリケーションを起動するのに時間がかかってしまいます。

そこで活用したいのが、アプリケーションをまとめることができるフォルダを作成することです。フォルダを作成する方法は、アプリケーションを長押しします。長押しするとアイコンがプルプルと震えますので、その状態のまま別のアプリケーション上に被せる形でカーソルを持って行きます。長押しした状態を離すと、2つのアプリケーションが入ったフォルダが作成されます。1度フォルダができてしまえば、あとは簡単です。

フォルダに入れたいアプリケーションを同じように長押ししてフォルダの上まで持っていくだけです。フォルダの外へ出したい場合も同じく、アプリケーションを長押ししてフォルダの外へ解放してあげるだけです。フォルダを作成すると、フォルダ名はデフォルトのものとなっておりますので、フォルダを1度タップし、表示されたフォルダ名を長押しします。そうするとフォルダ名の編集が可能となりますので、ご希望のフォルダ名へ編集し確定させます。

iPhoneは便利ですが、ついつい複数のアプリケーションをインストールしてしまい、画面が整理できなくなることがあります。iPhoneを活用するには、フォルダを作成してホーム画面をより使いやすいものへ整理しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *