iPhoneの消費電力を抑えるには

電話だけでなくインターネットの閲覧やアプリでのゲームも楽しめるなど、iPhoneにはこれまでの携帯電話を超えた魅力があります。

そのため一日中使っている人も多いと思いますが、そこで気になるのがバッテリーの持ちです。従来の携帯電話に比べても大容量のバッテリーを内蔵しているのですが、使っていると一日使い続けてまだ残っているということはあまりありません。これは高性能のCPUを内部に搭載しており、それがフル回転して処理を行っているため電池の消費も激しくなってしまうためです。

しかしこうした問題も、コツを知っておくだけで解決できます。まずはiPhoneを使う際に、なるべく無駄な電気を消費しないよう意識することです。例えば大型のディスプレイはとても見やすいのですが、それだけ多くの電気を消費しています。この明るさを抑えるだけでも持ちが良くなるので、画面の設定にて明るさを下げておくと効果的です。画面が消灯するまでの時間も、バッテリーの持ちに影響します。これは何も操作をしない時に何秒経つと画面が消えるか指定するもので、長く設定しておくといつまでも点灯しているので閲覧時には便利ですが、バッテリーの持ちは悪くなります。

短めに設定しておいたほうが、まめに消えるのでおすすめです。iPhone用のモバイルバッテリーを持ち歩く方法も役立ちます。持ち運びできるサイズのバッテリーが売られているので、それにも充電して端末と一緒に持ち歩きます。端末の電池が減ってきた時にはモバイルバッテリーを差し込むだけで元通り使えるようになるので、外出時に頼りになるアイテムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *