iPhoneを楽器として利用する方法

iPhoneは誰にとってもすばらしい機能を提供しますが、ミュージシャンにとってもiPhoneは非常に便利なようです。

エレキギターをiPhoneに繋げれば、本格的なアンプサウンドを楽しむことができます。こういった事は昔は、専用の機械がないと楽しむことはできませんでしたが、今では簡単にエレキギターのサウンドを楽しむことができます。

またギターのチューニングなどもできるアプリがあるので、ギターが好きな方は利用してみるのも良いでしょう。またギターなどで音楽を作る方は、録音することも可能なので、ちょっとしたデモテープ作りに活用することもできます。中には本格的に多重録音ができるアプリもあるので、かなりの完成度のデモテープを作ることが可能でしょう。

もちろんiPhoneで楽器を楽しむのは、ギターだけではありません。シンセサイザーなども簡単に楽しむことができるようになってきました。ただ音が出るだけではなく、本格的なシンセサイザーのように、1から音を作ることが可能になっています。またそうして作った音は、midiを使い、パソコンなどのシーケンサーを繋ぐことで、外部から制御することも可能になっています。またサンプラーなどもお手のもので、マイクを使って、いろんな音をサンプリングして楽しむことができるアプリもあります。本格的なサンプリングは少し前までは、かなり高価な機材が必要でしたが、今では簡単にサンプリングすることができるようになっています。このようにiPhoneは楽器としても活用できるので、利用してみてはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *