Wifiに接続をしても通信速度が遅いのは何故か

subpage01

Wifiに接続をしているのに通信速度が遅くて困った経験は誰しも一度はあるはずです。無線LANの規格の一つであるWifiは現代の日本では日常に欠かせない一般的なものとなりましたが、取りあえず繋いでおけばスムーズな通信ができると考えている人も多くいるようです。

しかし、当たり前ではありますが、Wifiは接続をしておけば楽に通信ができる魔法のアイテムではありません。契約している回線やルーターの接続方法や電波強度などによって通信速度は変わってきますので、注意しましょう。
今日に限って速度が遅いという場合は、「回線を利用している人が大勢いて重くなっている」ことが原因の事が多いです。


これは時間が経てば解消するので、日を改めると良いでしょう。



もし日を改めても改善しない場合は、「ルーターか端末が故障している」「何らかの問題が起こり通信障害が発生している」というケースの可能性があります。


その場合は、利用をしている接続サービスやメーカーに問い合わせをしてみると良いでしょう。頻繁にWifiが遅くなるという際は、電波の干渉が発生している可能性があります。

電子レンジなどの家電はWifiと同じ周波数帯域なので、通信に問題が出ることは珍しくありません。



ルーターの設定を見直せるならば、周波数帯域を2.4GHz以外に変更をすると改善をすることがあります。

設定方法は使用しているルーターによって違うので、取り扱い説明書をよく読んで設定をしなおしてください。